下山の哲学

―登るために下る
竹内洋岳
構成=川口穣

日本山岳史上初の下山ドキュメント本
竹内洋岳
『下山の哲学—登るために下る』
(太郎次郎社エディタス)
世界8000m峰14座の全下山を辿る
日本初のノンフィクション書籍

日本人唯一の世界8000m峰14座完全登頂を達成したプロ登山家・竹内洋岳は、書籍『下山の哲学—登るために下る』を2020年10月30日(金)に太郎次郎社エディタスより発売いたします。これに先駆けて2020年10月1日(木)より、Amazonほか全国書店にて先行予約販売を開始いたします。

「下山の哲学――登るために下る」カバーイメージ

尚、本書籍は、世界8000m峰14座に登った竹内洋岳自身の全下山を辿る、日本山岳史上初の下山をテーマにしたノンフィクション書籍です。これまで、登る事ばかりを主題とした山岳書が出版されてきましたが、本書籍では業界初となる8000m峰14座の全下山をテーマにし、登頂に成功した下山だけでなく、登頂出来なかった下山についても収録しています。

  • 日本人で唯一8000m峰14座を完全登頂した14サミッターにとっての下山とは?
  • 17年にわたる14座の全下山をたどり、現在に続く新たな挑戦を報告する。
  • 本人を深く知る6人へのインタビューをとおして竹内洋岳を「解剖」するコラムも収録。