8000m峰14座とは

8000m峰14座は、ヒマラヤ山脈及びカラコルム山脈に存在し、地球上に存在する標高8000mを超える14の山のことを指す。
竹内洋岳は、1995年のマカル―(8463m)登頂を皮切りに、14座に挑戦を続け、18年目にあたる2012年5月26日に14座目のダウラギリ(8167m)に登頂し、日本人初・世界29人目の8000m峰14座完全登頂者「14サミッター」となった。

竹内洋岳が登頂した8000m峰14座の山のイラスト。エベレスト、K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカル―、チョ・オユー、ダウラギリ、マナスル、ナンガパルバット、アンナプルナ、ガッシャブルムⅠ峰、ブロードピーク、ガッシャブルムⅡ峰、シシャパンマと富士山、モンブランのイラスト画像|株式会社ハニーコミュニケーションズ

ダウラギリ

チョ・オユー

ローツェ

ブロードピーク

ガッシャブルムⅡ峰

マナスル

マナスル

カンチェンジュンガ

シシャパンマ

ガッシャブルムⅠ峰

アンナプルナ

ナンガパルバット

ケーツー

エヴェレスト

エヴェレスト

マカルー

写真:14PROJECT事務局提供

14サミッターとは

世界最高峰のエヴェレスト(8848m)を筆頭に、地球上に存在する標高8000mを超える山は全14座あり、8000m峰14座の完全登頂者を『14サミッター(14 Summiter)』と呼びます。

世界初の14サミッターは、イタリア人登山家のラインホルト・メスナーであり、1986年にその偉業を成し遂げました。

日本人では竹内洋岳をのぞくと過去9座が最高成績となり、世界でも30数名しか達成できていない。

8000m峰14座の位置関係

8000m峰14座は、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に位置するもっとも空に近い場所であり、世界で最も高い山々が連なることから『世界の屋根』ともいわれています。この山脈の成り立ちは、4,500万年前にユーラシア大陸にインド大陸が衝突し、大陸プレート同士が押し合うことで隆起し、世界最大規模の山脈が形成されました。

ヒマラヤ山脈は、パキスタン・インド・中国(チベット)・ネパール・ブータンの5か国の国境付近に位置する全長2400㎞にも及ぶ巨大な山脈です。himālaya(ヒマーラヤ)とは、サンスクリット語で、hima(雪)と ālaya(すみか)から「雪の住みか」という意味を持ちます。ヒマラヤ山脈は、標高世界第1位のエヴェレスト(エベレスト)をはじめ、マカル―、アンナプルナ、シシャパンマ、カンチェンジュンガ、マナスル、ローツェ、チョ・オユー、ダウラギリがヒマラヤ山脈に位置し、8000mに次ぐ7000m級の山々は100以上も存在しています。また、ガンジス河の水源でもあるガンゴートリー氷河や、ヤムナ川の水源であるヤムノートリー氷河、カンチェンジュンガから流れるゼム氷河、エヴェレスト登山で有名な「クーンブ・アイスフォール」のあるクーンブ氷河などが存在します。

カラコルム山脈は、パキスタン・インド・中国の国境付近に横たわる全長500kmにも及ぶ山脈です。カラコルムとは、テュルク語とモンゴル語で「黒い砂礫(されき)」という意味を持ちます。カラコルム山脈は、標高世界第2位のK2(ケーツー)を筆頭に、ナンガパルバット、ガッシャブルムⅠ峰、ガッシャブルムⅡ峰、ブロードピークが位置し、標高7000m級の山々は60以上も存在しています。また、世界最大級の氷河地帯でもあり、シアチェン氷河、ビアフォ氷河という世界第2位・3位の氷河や、K2から流れるゴッドウィンオースチン氷河、山脈の中央には有名なバルトロ氷河などが存在します。

※以下、番号は竹内洋岳の登頂順

竹内洋岳が登頂した8000m峰14座の位置関係のイラスト。8000m峰は全てカラコルム山脈とヒマラヤ山脈に位置する。カラコルム山脈にはK2、ナンガパルバット、ガッシャブルムⅠ峰、ガッシャブルムⅡ峰、ブロードピークが位置する。ヒマラヤ山脈にはエベレスト、マカル―、アンナプルナ、シシャパンマ、カンチェンジュンガ、マナスル、ローツェ、チョ・オユー、ダウラギリが位置する。|株式会社ハニーコミュニケーションズ

写真:14PROJECT事務局提供