お知らせ 2020年04月01日

コロナウィルスの世界的拡大に伴う竹内洋岳の「エベレスト日本人初登頂50周年メモリアル登山プロジェクト」延期について

この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)及び関連肺炎で亡くなられた方々を悼むとともに被患された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。また、本件により影響を受けた方々の一日も早い回復と、困難な状況にある、また、そのような状況を懸念される全ての皆様にとって、1日でも早く当たり前の日常を取り戻されることを心よりお祈りいたします。
さて、この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、竹内洋岳の「エベレスト日本人初登頂50周年メモリアル登山プロジェクト」を実質的に延期することを決定いたしましたのでお知らせいたします。

植村直己さんや松浦輝夫さんが登頂を成し遂げたエベレスト日本人初登頂の日でもある‪5月11日‬の登頂を目指し、日々の登山準備を行って参りましが、世界規模におけるコロナウィルスの感染拡大により、ネパール政府がこの春のエベレスト登山の許可を停止し、登山の実施が難しい状況になっておりました。
もし、状況が改善され、登山が再許可されれば、5月11日の登頂に間に合わなくとも、エベレスト登山は実施するつもりでおりましたが、ネパール政府がロックダウン期間の延長が決定するなど、状況はさらに悪化し、この春のエベレスト登山の実施は、実質的に難しいという判断に至りました。

今後もさらに情報収集を行い、再度、正式な手続きを経たうえで、秋季エベレスト、若しくは来年の同時期の登山を視野に入れながら、最短での登山実施を実現できるよう努めてまいります。

登山家として、冒険家として様々な困難を乗り越え、エベレストに日本人として初めて登頂した植村直己さん、松浦輝夫さんの功績を称えるとともに、この苦難を皆様と共に乗り越え、再びエベレストの頂に立ち、少しでも明るいニュースをお届けできる日が1日でも早く来ることを心より願ってやみません。

竹内洋岳
(竹内洋岳マネジメント事務局)