ニュースリリース 2020年05月19日

【リリース情報】5月26日を 「竹内洋岳・8000m峰14座登頂の日」として記念日に認定

 

プロ登山家・竹内洋岳が8000m峰全14座の登頂に成功した5月26日を「竹内洋岳・8000m峰14座登頂の日」として記念日に認定!


記念日登録に伴い、8000m峰14座の詳細を紹介するWEBページ「日本一わかりやすい8000m峰14座完全データ」本日公開




PR会社の株式会社ハニーコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:戸田知礼)は、弊社所属のプロ登山家・竹内洋岳が日本人として初めて世界に存在する標高8000mを越える全14座の登頂に成功した5月26日を「竹内洋岳・8000m峰14座登頂の日」として、一般社団法人日本記念日協会に認定していただきました。
また、記念日の登録に伴い、8000m峰14座の場所や環境、過去に登頂した方の記録などをまとめたWEBページ「日本一わかりやすい8000m峰14座完全データ」 (URL: https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/eight-thousander-data/ )を竹内洋岳の公式ページ内にて本日より公開いたします。

 



 

世界には、標高8000mを越える山が14座存在しますが、日本人で全14座の登頂に成功した人は竹内洋岳しかおりません。竹内洋岳は、1995年より8000m峰への登山を開始し、2012年5月26日に世界7位の高さを誇るダウラギリの登頂を果たして世界で29人目となる14座完全登頂の記録をつくりました。日本登山界の悲願を達成したこの偉業を称えるため、弊社が申請を行い、一般社団法人日本記念日協会に認定していただきました。

 
【竹内洋岳 コメント】
あの、2012年5月26日のダウラギリ登頂によりたどり着いた8000m峰14座全山登頂は、私を、プロ登山家・竹内洋岳になり切らせ、没頭させた登山でした。
8000m峰14座全山登頂は、決して新しい記録への挑戦ではなく、日本の登山界がやり残したまま、忘れようとしていた課題でした。私は、それを片付けただけでしかありません。新しい登山の扉を開けたのではなく、開けっぱなしになっていた古い登山の扉を閉めたのです。
こうして、日本人初8000m峰全山登頂は、日本の登山において過ぎ去り、日本の登山は過去に囚われずに進んでいきます。
今回の記念日登録を機会に、さらに、私の手元から離れ、いずれは、山中にひっそりと苔むして残された道しるべとし、先に進むひとの踏み跡となり、岩壁に残された朽ちたハーケンとして、頂に向かう人々の手がかりとなることを願っています。

 

また、記念日の登録に伴い、14座の場所や過去に登頂した方の記録などを詳細に紹介するWEBページ「日本一わかりやすい8000m峰14座完全データ」を竹内洋岳の公式ページ内にて本日より公開いたします。これまで8000m峰14座を総合的にわかりやすく紹介しているWEBサイトがなかったことから、竹内洋岳が所属する事務所として企画・制作を行いました。8000mを越える山の過酷な環境を日常と比較して紹介するなど想像の難しい8000mという高い山を、少しでも理解していただける機会になるよう仕上げましたので、ぜひご覧ください。

なお、8000m峰14座を紹介する「日本一わかりやすい8000m峰14座完全データ」の概要および竹内洋岳のプロフィールに関しては次ページ以降をご参照ください。

 

「日本一わかりやすい8000m峰14座完全データ」 概要


世界に存在する標高8000mを越える14の山の詳細を紹介するWEBページ。
これまで8000m峰14座を詳細に説明するWEBサイトがなかったことから、この度、竹内洋岳が所属する弊社が制作。8000mという山の環境を身近な物と比較して紹介するなど、少しでも山の魅力が伝わるように工夫を凝らしました。

内 容 :
・8000m峰14座の基本情報(場所、標高 など)
・8000m峰14座 入門編(各山の初登頂者の紹介、日本人の軌跡、これまでの登頂者数)
・図で理解する8000mという山の環境(高さ、気温、気圧、風 など)
・全14座登頂者(14サミッター)の紹介
・世界最高峰エベレストの紹介

U R L:
https://honeycom.co.jp/hirotaka-takeuchi/eight-thousander-data/

公 開 日:5月19日(火)



 



 



 

[プレスリリースファイルはこちら(PDF)]